2014年04月10日

お知らせ

お知らせです。
【CAPCOM:カプコン ゲームズ - カプコン伝説 第三回 「未来を駆ける忍者、飛竜!」】
にて、ストライダー飛竜2についてインタビューを受けました。
私がファンなら知りたいだろうなあという話を詰め込みました。
是非ご覧ください!


posted by ハルマル at 00:00| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

極!!!

20121217.jpgこんちわ、
3年前にも同じこといってましたが、
再度、カプコンさんの回し者が来ましたよ(・ω・)ノ゙

タイトル公開ゴーサインが出ましたので、
お知らせしまーす。

「ストリートファイター アートワークス 極」
(ストリートファイター25周年記念本)

表紙は西村キヌさんです→
今回はなんと、描き下ろしイラストがあります。
私は描きたいものを見開きで描かせて頂きました、
ありがとうございました。
ぜひ本誌にてご確認ください。

他の方々の絵も気になるので、私も早く手に取りたいです!
個人的には、ロックマン25周年記念画集も買わねば!w

お求めはe-capcomさんか、
ネットショップや書店にて購入を。



posted by ハルマル at 00:00| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月27日

鳥取から長野へお引越し&長野での放射能対策

お久しぶりです。

突然ですが、鳥取から長野へ引っ越すことになりました。

放射能対策的には、一見逆行していると思われますが、
鳥取は島根原発も有りますし、長野は高い山に囲まれていますので、
周囲に原発があっても、意外と山に守られる可能性が高いです。
もちろん北海道や沖縄に行ったほうがベストなのですが、色々事情がありまして、長野です。

鳥取を出るにあたり、実際に住んだ印象を書きますね。
これから鳥取付近に引っ越す予定の方、旅行なさる方はご参考にしたりしなかったりしてくださいw


-----
■■■鳥取の短所■■■

・自動車(交通)のマナーが悪い。左右確認せずに、急に飛び出てきたりする。
・電車はあまり発達していないので、基本的に車社会。
・外食の味のレベルが全体的にあまり高くない。
・お店・チェーン店は少ない。


-----
■■■鳥取の長所■■■

・日本海に面しており、海産物・農産物が新鮮で安くておいしい。(親がに・松葉がにはおすすめ)
・寿司屋の「大漁丸」は126円だけどネタも大きくおいしくておすすめ。
 さらにハイソな人には、「北海道」という寿司屋がおすすめ。
・人柄が、基本的に人懐こくて親切。話し好き。
・佐川の人がとても親切でびっくり。


-----
■■■鳥取その他■■■

・若干関西弁のアクセントあり。
・鳥取に限りませんが、今回海岸近くに住んだんですが、塩害があるため、金属類は錆びやすく寿命が短くなる。
 自動車とかバイクとか注意です。
・くもり・雨の日が多いので、太陽光発電にはちょっと向いていないかも?
・冬はかなり雪が降る年もある。
・名所がいくつか(三徳山の投入堂、ラドンですけど三朝温泉、鳥取砂丘、水木しげるロード、青山剛昌ふるさと館など)。


-----
・・・と、こんなかんじでしょうか。
中国地方は、生まれてはじめて住んだので、総合的には楽しかったです。
ありがとうございました。

というわけで、
長野に行ってもあいかわらず放射能対策はします。
最初は調べる・測るなど面倒でしたが、ライフワークになってきたので、最近は特に苦ではなくなりました。
長野に住んだ場合の、放射能対策を下記に記しました。

気になる方だけ、つづきをご覧ください。


続きを読む
posted by ハルマル at 00:00| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月24日

放射能対策(2011年12月現在)

人の価値観はさまざまですが、私は放射能を気にするタイプです。
私が実際に行っている放射能対策をここに記載します。

なぜ対策をとるのか?
理由はただひとつ、「後悔したくないから」です。
「後悔したくない、後悔したくない」と私の心の奥底(本能?)が連呼します。
何の対策もしなければ、私は絶対後悔すると思いました。
本能に従います。

気になる方だけ、続きを見てください。


続きを読む
posted by ハルマル at 00:00| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

暗黒の3日間

Twitterをやっていたら、数日前、こんな呟きが流れてきた。

「暗黒の3日間」

が、やってくるというのだ。

それは、来年2012年1月4日〜1月7日までの3日間だという。
(ん?4・5・6・7で、4日じゃないの?とも思いましたがw)

何が起こるかというと、いっさい電気が使えなくなる(停電状態)とのことだ。

実際にそのことについて記述のあるブログがこれ。↓
「ミノリス Minoris の URGENT MESSAGE (緊急情報)」
記事タイトルは
「マヤの暦の終わりの日は2011年12月28日です。皆に知らせる必要があります」古代マヤ人2011.10.6
http://blog.goo.ne.jp/minoris_2010/e/f34a624d2e0d97749448b4f8b93b489a

一応、停電対策(明かり・防寒・防犯・食事)はしておいたほうがよさそうです。
皆様も、念のため、対策をお勧めします。

---------------
上記の事を聞いて、
今日、私はハッと思い出したことがある。

以前、精神的に参っていた時、
「オイカイワタチ(宇宙人とのコンタクトとつづった記録)」に
「暗黒の3日間」の状況と同じく、

「電気が使えない状態」

の話が出てきた。

再度読み返してみた。
下記がその記事。↓

「宇宙船天空に満つる日」
http://oikaiwatachi.jp/interview/interview.html#utyuusenntennkuuni

から、

「地球の外から」
http://oikaiwatachi.jp/interview/interview.html#tikyuunosotokara

までの記事です。

これらの記事では、
「いつの日になるか分からないが、
電気が止まり、
今から地球の地軸が傾いていく前に
空に宇宙船が満ち、
人々を助ける・・・」
というような話が載っています。

宇宙船で人が助かるうんぬんは
信憑性があるかどうかはわからないが、
オカルトは置いといても、

火山が突然爆発するように、
地球が呼吸をするように、
宇宙物理的に、
惑星の急激な地軸の変化はありうることだから、
それによって何が起こるかわからないから、
もしかしたら、停電の可能性もあるから、

やっぱり、できうる限りの防衛策は必要かと思います。

とりあえず、
「3日間停電になる可能性がある」
っていうことを知っておくだけでも
大きなことです。

これを見て、初めて知った方、しっかり、停電対策して欲しいです。
なるべく、これを多くの人にも知らせてください。
これを知らない人によるパニックや、略奪などを少しでも減らせます。

その時が来て、結局なにもなくても、
今後起こりうる天変地異に対する自衛能力は高まるので、
まったく無駄ではないですよ。

対策をしつつ、なにもないことを祈ります。



posted by ハルマル at 00:00| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月04日

夢日記「災害?他」

12/1に見た夢。

ビル街。
目に見えない衝撃波のようなものが遠くから来て、それを察知した人々が逃げ惑う。
でも逃げ切れなくて、衝撃波を受けてバタバタ倒れる人も。

------------------
12/3に見た夢。

またビル街。12/1に見たビル街とはまたちょっと違う背の低いビル街。
遠くから大きな黒煙が上がってこちらにもくもくと。

謎の声。
「世界中の有名な人の中で、死んだと言われている人の何人かは生きているんだよ。」
それは誰?どうやって生きてるの?と聞いても答えてくれなかった。

生身で生きているのか、それとも、ルパンの魔毛狂介の様に、脳みそだけ生かされてたりするんだろうかと気になった。

------------------
なんか、時間は長かったんですけど、
あまり内容を覚えていなくて、
印象的だった事柄だけ。

久々に災害関係の夢を見たので、
ちょっと気になり書きました。

年末年始で浮かれている中ではありますが、
皆様には今一度、備蓄と防災グッズの再確認だけお願いします。



posted by ハルマル at 00:00| 夢日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

おすすめ鉱物の本

なんでかわからないですけど、私は最近、石が好きです。

図書館で借りてきた鉱物の本の中で、
特に面白くてお勧めの本を4冊紹介します。

【たのしい鉱物と宝石の博学事典】 堀 秀道・著
 鉱物のことは難しそうでよくわからないけど、石が好きという人用。
 詳細・基本を楽しく解説してくれています。
 石に関する逸話・話題が豊富。
 主に読む用。

【鉱物アソビ 暮らしのなかで愛でる鉱物の愉しみ方】 フジイキョウコ・著
 石を雑貨感覚で気軽に楽しみたい人用。
 巻末に、石を取り扱っている施設・お店・カフェが紹介されています。
 近所の人がうらやましい!!!
 主に見る用。

【鉱物・宝石の不思議 (図解雑学)】 近山 晶・著
 原石・宝石の写真が豊富で、パラパラ見るだけでも楽しい。
 石に関する逸話・話題もあり。
 主に見る・読む用。

【鉱物カラー図鑑―日本で採れる200種以上の鉱物を収録】 松原 聡・著
 原石の写真がかなり豊富で、パラパラ見るだけでも楽しい。
 玄人や、原石ハァハァな人向け。
 主に見る用。

鉱物・宝石・石に、
ちょっとでも興味のある人は図書館でもいいので読んでみてください。
徐々にハマってしまいますよ。



posted by ハルマル at 00:00| 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月18日

これから起こること

これから起こること。

放射能に関する話なので、
目をつむりたい人はここから読まないほうがよいかと思います。
読みたい人だけ読んでください。


続きを読む
posted by ハルマル at 00:00| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月25日

雑感

雑感。

うーん。
震災以降、精神世界・夢日記のことばかり書いてる私の記事を見て、
自分で言うのもなんですが、
他人を見ているような感じで、引きました・・・w
よっぽど悩んでたんだな、と・・・orz

それと同時に、
「なるほどふむふむ、自分にしては時々なかなかいいこと書いてるわw」
とかまるで他人のように感心してたりする変な(あほな)感じです。
もうあんな長々とした文章を、連日書く気は起きないです。
その時の思いのたけを吐き出した感は残っていて、それだけは満足です。

分離感は無く、とりあえず私は私です。
と同時に今は落ち着いていて、本来の自分に戻っています。
心配かけてすいません。

夢日記に関しても、最近はここに書くまでも無い内容まで落ち着いています。
もちろん今後も見たこと無いようなのがあれば、書こうかなとは思います。

あと、最近思うこと。
ツイッターでも書きましたが、
一度政府もテレビ局もマスコミも電力会社もつぶれるかリセットして、
「国民の本当に望む」政府・テレビ局・マスコミ・電力会社を作ったらと思います。

私は頭おかしいのかも知れないですけど、
人生もいろいろ考え直しになったんですけど、
そんな岐路の時期に生きられてうれしいです。
最近「かなしみ」が「うれしさ」に変わりつつあります。

私たちは、良くも悪くもすごい時代に生まれましたね。

突然ですが
私は、今まで自分の名前はあまり好きではありませんでした。
でも親というものは、
生まれてきた子供が、幸せな未来を生きられるように!と願って、
いろいろ悩んで考えてつけた名前が圧倒的に多いと思います。
親の願いが含まれた漢字や意味を、名前に使っていると思います。
そう考え始めると、
涙があふれてきて、
今は自分の名前が好きになれました。
私は、こんな色々厳しい時代でも、自分の親がつけてくれた名前の意味に沿うように生きていこうと思います。
自分の名前の文字通り、貴重な時代を生きていこうと思います。
(実は、名付け親は、私の場合、祖父なんですけどね)

ん?
なんだか、昨日からこのブログのアクセス数が一時的にすごいと思ったら、
スピリチュアル系ブログの方にリンクして頂いてたんですねw
ありがとうございますm(_ _)m

東京水没の夢は、きっと、皆の集合意識が夢を見させたのでは?
と素人的には思いました。

取り留めないことを書いてみました。
今日はそんな感じで。


posted by ハルマル at 00:00| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月28日

夢日記「葉巻の集団・破壊と暴力」

7/27に見た夢。

私の腕を見ると、日焼けか地黒か不明だが、肌は褐色だった。
私は前歯に差し歯(入れ歯?)を一本だけしていて、噛み合わせが悪く、気分が悪かった。
茶色いトイプードルのような子犬を飼っていたようだ。
場所はコンビニだった。
犬が袋に入ったパンをくわえてきて
「これがほしい」というので、
それをレジに持っていった。
ガラの悪そうな兄ちゃんが店員で、
「1575円です」と法外な値段を提示してきたが、
仕方なく支払った。

するとコンビニからいきなりひろい場所に変わり、、
葉巻のような細長い棒を吸う集団が私の周辺にたくさんいた。
みなしゃがんでいて、老若男女いたが、若いのが多かった。
みなうれしそう。
目が半開きで半笑いの人もいた。
私はただ傍観していた。

場面が変わり、市街地。
国は不明、日本なのかな?
激怒している人の集団が、なにかに抗議?のためなのか、
デモというより過激なかんじ。
ビルを破壊している。
人に暴力をふるっていた。
これも、私はただ傍観していた。

なんだかやばい、と怖くなって起きました。

私の過去(または未来)は、色の黒い肉体だったのかな?と思いました。
ナディアが好きなのは、自分が褐色だったからかな?w
んで、入れ歯ということは、ばばあだったのかな?w
日本で変なことが起きませんように!!!
と、とりあえず祈っときました。


posted by ハルマル at 00:00| 夢日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

夢日記「UFO」

7/19に見た夢。

生まれてはじめてUFOが出てくる夢を見たから書く。
だが、よくないUFOだったのか、私はそのUFOから終始逃げまどっていた。

夜の寝室での状況から始まった。
隣には夫が普通に寝ていた。
なぜかカーテンを開けていて、ふと危険を感じてガラス窓越しに、夜空をぼーっと見ていた。
(空は真っ暗じゃなく、暗いグレーの空?)
まず、遠い空に、小さい横長の黒い物体がシュン!と横切った。
何だろう?と思って見てたら、
今度はまた、もうちょっと近くの距離でまた横切った。
そして、今度はついに、左からゆっくりと、
どアップでUFOが窓際までスライドして来た。
初めて見たし、至近距離だったので、目に焼き付けておこうと必死でデザインを観察した。

円盤の大きさは4〜5mくらい?
色は暗くてよく見えなかったけど、暗いから黒?黒っぽい銀色にも見えた。
形はつりがね型。後から聞いたが、まさにアダムスキー型であった。
下に小さなオレンジ色の光の玉ようなのが4〜5個せわしなく円を描くようにクルクル回転している。
中の人(宇宙人)は出てこなかった。

しばらく見てると
窓越しに、いきなり私たち向かって幅の広い(50cm前後?)光のビームを発してきた。
ビームが当たった対象物は消えるらしい。
反射的に「ビームに当たったらやばい!」と思い、そのビームをよけた。
夫をたたき起こして引っ張って、一緒に別の部屋に逃げた。

逃げた部屋の窓もなぜかカーテンがかかっていなくて、
そのガラス窓からまたUFOが現れてまたビームを出そうとしていた。
木製の板がビームを防げる、と私は思っていたらしく、
木の板の裏に逃げて、声を押し殺していてしばらくしたら、
UFOが去ったような気配がして、ほっとした。

また場面が変わって、住んだことがないマンション(集合住宅?)で、
今度は見知らぬ集団でのUFOからの避難劇。
次々にマンションに住んでる人が窓際に来るUFOのビームで消えていく。
私は住人に、片っ端から「うしろ!うしろ!」(志村うしろうしろ!見たいですねw)
と声をかけているのに、みんな反応が鈍くて、次々にビームによって消されていく。

場面が変わり、町全体が建物が壊され、荒れ果てている。
数少ない建物に、残った人々が寄り合って暮らしている。
しかし、そこにもUFOが来て、窓際からビームを発して
さらに人が減っていく・・・。

というところで夢から覚めました。

今思うと、もしかしたら悪いUFOじゃなく、救おうとしている良いUFOだったりしてねw


posted by ハルマル at 00:00| 夢日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

2つの世界

2つの世界。

メッキの世界と、メッキがはがれた世界。

今、その2つが重なり合った世界にいる。

メッキの世界に戻ることは容易で、楽だが

完全に戻るのは、とても難しい。

人も「メッキ側」と「メッキがはがれた側」に分かれている。

「メッキ側」の人との価値観のずれと付き合い方が

今の私の課題だ。


posted by ハルマル at 00:00| 精神世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

夢日記「東京?水没」

7/4に見た夢。

時期がいつなのか?はっきりと分からない。
街の雰囲気からして、西暦20**年?といった感じ。

私は久しぶりに東京に来ていた。
せっかくだから色々回っておこうと、わくわくしていた。

まず、夜の新宿。
人や明かりでにぎやかで、いつもの新宿だ。
携帯を持ってうろうろ。
無印やマルイをうろうろ。
楽しかった。
池袋や渋谷など、そのほかの場所もうろうろした気がする。

その後、どこか?の業務スーパーのような所?へ行こうとした。
(はっきりとは分からない、大久保駅?井荻駅あたり?雰囲気的に東京?だと思う)
夫から電話がかかってきて、
「その業務スーパーで、アイスとこれとこれ買ってきて」
と言われたからだ。
業務スーパーの場所は、
街の大きな十字路の先にあり、
そこから1.5〜2kmほど歩く感じだった。

歩くにはちょっと遠いな〜と思いつつ、
鼻歌交じりで向かっている途中、
足元が少し「グワン・・・」と揺れた。
なんかいやな予感がしたが、そのまま進んでいった。

すると再度、大きな揺れが「グワワワワン!!!」と来た。
今度はさすがに体が倒れかけた。
持ち直して、目的地のほうに目を向けると、
業務スーパーのある方向に、天に届くほど大きく赤黒い煙がもくもく出ていた。

さすがにこれはヤバイ!!!と思い、
逆方向に走って逃げようと懸命になったが、
みるみるうちに、足元が水で埋まってきて走りにくくなっていった。
その時は、なぜかお昼で曇っていた。

必死に走っている最中に、
他の人々の流される悲鳴が聞こえ、流される車が見えた。
とても怖かった。

ぐんぐん水位が上がってくる、走る足が重くなり、非常に焦った。
とりあえず、去年まで住んでた三鷹方面に向かって必死に走った。

ついに水位は自分の腰ぐらいまで来た?のかな?
本能的に、なるべく高い場所を目指した。

高いところに登ったら、
一人の短髪(オレンジ〜ブラウンの髪の毛?)の白人男性に出会った。
その人は地震で揺れた時にめがねを落としてしまい困っていたらしいが、
めがねが見つかり、めがねをかけると何でも見えるようになった、ということで?
私はその人に導かれて、やっと以前住んでた三鷹駅付近?に来た。

三鷹駅付近?は、あまり水没していないものの、
周辺を見渡すと、家などの建物は倒壊しかかっていた。
浸水した跡はあった。
気づいたら、その導いてくれた白人男性は消えていた。

------------------
続きはまだあったようでしたが、そこで目が覚めました。

あまり良くない夢なので載せるか迷いましたが、
いつ地震や水害や原発事故が
日本のどこで起きても大丈夫なように、
これを見ている皆さんに
しっかりとした心構えと防災用品の準備をしておいて欲しいので載せました。

これが、正夢にならないよう祈るばかりです。
外れてくれたら万々歳です。

特に東京などの都心部は、
移動手段が
自動車よりも電車・バス・徒歩になる人が多いので、
もし交通機関が麻痺したら・・・ということも含め、
避難ルートをシミュレーションしておいたほうが良いと思います。

地震・津波・原発事故が起きた時、

@もし自宅にいたら?
Aもし学校や勤務先にいたら?
Bもし屋外に出ていたら?
Cもし家族と離れていたら?

どういう行動をとるべきか?

・・・この4パターンで避難ルートを考えておくと、
必要以上に慌てず、かなり冷静に避難できると思います。

日本は地震大国であることを忘れてはいけません。

最後に、「水没マップ」をおまけでリンクしておきます。
何mの津波が来たら、どのくらいまで水没するのか
シミュレーションで見ることができます。
あなたのお住まいの地域はいかがでしょうか?
http://flood.firetree.net/

今のところ、
何もないからといって、
私のように備蓄菓子を食い尽くさないようにして下さいねw

あ!
今、あなたのいる場所で、大地震・大津波・原発事故が起きました!
あなたは今から5分以内に荷物をまとめて、さっと出られますか?
出られませんか?

そういうシミュレーションも、
しておいて損はありませんね。


posted by ハルマル at 00:00| 夢日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月30日

オ イ カ イ ワ タ チ

オ イ カ イ ワ タ チ。

それは、「日本において、1960年からはじまった宇宙人とのコンタクトを記録した書」です。
日本にもそんな書物があったんですね。

最初に読むと分かりやすい、ガイドページ。
http://oikaiwatachi.jp/guide.html

信じる信じないは置いといて、読み物として面白い。
見えない世界に、ちょっとでも興味がある人は、読んでみるとどんどん入り込んじゃうかも。
お勧めは特に第1巻。内容が初心者向けで分かりやすいです。
お好きな人は第2〜5巻に進んでいくといいです、でも?とかうーん・・・というのもあってちょっと難しかったw
個人的には第1巻だけで充分かなあと思います。

第1巻のページです。
http://oikaiwatachi.jp/zen5/volume1.html

ただ、ひとつ残念なのは、この書物は、基本的に「ワンダラーに向けての言葉」であるということ。
(ワンダラーとは、宇宙人の過去世を持つ地球人たちのことです)
嘘でもいいから「地球にいる全人類に向けた言葉」と書き換えてくれれば、
この書によって、より多くの人々の心が救われるのでは?と私は思いました。
あと、ルシファー=レプティリアンなのかな?と思いました。

著者である渡邊氏へのインタビュー。
これも結構面白いです、かなりおすすめ。
ポジティブになれます。
http://oikaiwatachi.jp/interview/interview.html

そういえば、ふくいちにかぎらず、最近結構世界中でUFO現れてますね。
YouTubeにもいっぱい動画が上げられてます。

一説には、
近いうちに宇宙人が公に姿を現す予定だが、
いきなりだと地球人に驚かれて、
逃げられたり攻撃されてしまうので、
空に意図的に姿を現して、
徐々に「UFOいるかもね、宇宙人いるかもね」
という方向に持っていき、
かなり認知されたようだという所で
「ドーモ宇宙人デス、ヨロシクネ!」
と、登場するのだそうです。

生きている間に見れるかもしれないなんて、わくわくしますね。

でも、いい宇宙人・悪い宇宙人がいるらしいので、
見分け方を今探し中です。

------------------
おまけ。
「ワンダラーET度診断クイズ」
http://www.scottmandelker.com/jp/etquiz.html

私は65点でした。
あなたの結果はどうでしたか?

もしかしたら、
あなたの魂は宇宙からきたのかもしれません。


posted by ハルマル at 00:00| 精神世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月26日

夢日記「宇宙船・遺跡・戦隊もの」

6/24に見た夢。三部作?でした。

●第一部・宇宙船

どこかの宇宙船内。
私は仕事でどうやら大きなヘマをしてしまい(何の仕事か不明)、
宇宙船で一番偉い人に会って謝らなければならなくなった。
しかし直属の上司?(男性に見えた)みたいな人
(顔も体も細身で白っぽく、顔がちょっと人間離れしてたような?)
が「私が身代わりに謝っておくから大丈夫」
と耳打ちしてきたので、ちょっとほっとした。

そして、上司に連れられ、一番偉い人の所に行く途中で
現実世界の過去の勤務先にいた人とよく似た顔の人を
途中で見かけてビクッとした。

私と上司は、一番偉い人(小柄で頭つるつるデブい人で服も肌も薄青いグレーぽい?)
に深々と頭を下げ、
上司は自分のミスだと言っていた。

その後もなにか話は展開したようだったが、
あまり覚えていない。

自分の姿を見たかったが、
鏡がなかったので見ることができなくて残念だった。

●第二部・遺跡

前回の宇宙船の話とつながっているのかどうか不明だが、
どこかの広い広い遺跡で、何かを調査していた。
私は武装していた。
どうやら、敵?ライバル?もいるらしく、
見つかったら戦わなければいけなかった。
敵(武装した宇宙人ぽい)と時々鉢合わせになり
時々隠れたり武器のようなもので攻撃しつつ、
遺跡に入っていった。

遺跡の中には、中世の槍や鎧や兜?のようなものもほこりをかぶって置いてあった。
兜は丈夫そうな赤黒い金属で、
丸っこいが、上がちょっととんがったような形で、ハート型に顔が出るようにくりぬかれていた。
兜を試しにかぶってみようとしたが、
私の頭には小さかったので、恥ずかしくなって兜を元に戻したりしたw
他にも、古代の物品などがほこりをかぶっていて、
どこを見てもそういう物らがごたごた積み重なっていた。

どんどん奥に進んでいくと、
なにやら一面全部ガラス張りの大きな窓のようなものがあり、
近づいてよくよく見てみると、
ガラスの向こう側には別世界。
うす曇りどんよりした空と海が広がっており、
ガラス窓の半分くらいは水位が上がったり下がったりしていた。

もしかしたらこの遺跡はものすごく大きな宇宙船で、
海の上に浮かんでいるのか?と思った。

怖くなって、ガラス窓から離れて、
引き続き遺跡の調査を続けた。

その後もなにか展開していたようだが、
(全身ほこり色の小柄なじいさんが話しかけてきたり、書物の山などがあったり・・・)
あまり覚えていない。

●第三部・戦隊もの

4〜5人の戦隊もののような全員女性?(体つきが皆腰周りが太い・胸もあった気がする)の集団がいた。
皆、黒いサングラスのような目元、首にスカーフ、ピンク・赤・黄色・オレンジなどの全身タイツ。
上から見下ろし傍観している形だったので、おそらく私はその戦隊の一員ではないと思われる。
戦隊の一人が、おおきな野生の女性を担いで、投げてやっつけているようだった。
周りの仲間は、それを見て、もっとやれ的にワーワー騒いでいた。
やり口が、女子プロみたいだった。

よくよく見たら、背景が前回の遺跡のような気もした。

第三部は内容的になんか現代の刷り込みの部分が大きいようですw

------------------
今回は内容が多くて支離滅裂なので、疲れました。
第三部の戦隊ものは、面白かったけど、内容的におちょくってんのかと思いましたw


posted by ハルマル at 00:00| 夢日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月25日

夢日記「歯」

6/23に見た夢。

どこかの場所。
自分の歯(上は前歯二本、下は前歯二本+左側全部)が
ぐらぐらして今にも取れそう。
こわごわ、取れそうな歯を上にずらしてみたら、、
なんと、その歯ぐきの下に、ちっちゃい歯が出てた。
どの歯ぐきもちっちゃい歯が生えかけていたので、
取れそうな歯をいさぎよく取り除いた。

そしたら、ちっちゃい歯がぐんぐん伸びて、
元の歯に近づいてきた。

そして、安心して夢の中ですごしていた。

歯が抜ける夢はよく見ますが、
歯が新しく生えてくる夢は初めてだったので書きました。

もしかして、人間って本当は
サメのように何度でも生えかわる能力あるのでは?
と思いました。

うーん、でもそれはさすがに無理だから、
歯を磨けってことですかね?

私、毎日食後きっちり磨いてるんだけどw


posted by ハルマル at 00:00| 夢日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

地球も星も生物

地球も星も生物。

私は昔、
「不思議の海のナディア」
というアニメが好きで見てました。
そのアニメで始めて知った大陸、アトランティス。

文明や技術がものすごく発達していたそうです。

実際のアトランティスは一夜にして沈んだそうですが、
その理由は何だったのでしょうか?

アトランティス人は、
高度な技術を使って人間工場を開発し、
自分のコピーを大量に作って奴隷として働かせていたそうです。
コピーとはいっても、人間の細胞を基にしているため、
普通に生身の人間なんです。
ですが奴隷なので、ゴミ以下のひどい扱いを受けていたようです。

「人間を作り出せる我々は神なのだ!」
と勘違いした驕りが出てきたのです。

そして、とうとう、地球がぶち切れたそうです。
「こんな人類は要らない、人類よいい加減にしろ!」と。
「消えてしまえ!」と海の底に大陸ごと沈めてしまいました。
邪心を持った人だけでなく、良心を持った人も連帯責任を負い、
まとめて滅亡させられたようです。
何しろ、規模が大陸ごとですからね。

地球も意思を持った一生命体のようです。
地球的には、高度な技術を、
度が過ぎたネガティブな目的で使うのは
非常に許せなかったようですね。

この間、出産工場でしたっけ?
ナイジェリア?の話で、少女さらって閉じ込めて、
無理やり妊娠・出産させて
生まれた子供を大量に売り飛ばしていた集団が逮捕されたという
とんでもないニュースがありました。

「え?それって、アトランティスの二の舞じゃないの?」
と思いました。
そうでなくても、人間は核・核戦争も定期的に起こしてますよね。
歴史に残せない、暗黒部分は日本を含め各国に多々ありますしね。
いろいろ積み重なって、もうこれは、
いつまた地球の堪忍袋の緒が切れてもおかしくない状態だなと感じてます。

人間の体に例えると、分かりやすいかなと思います。
体全体を地球、体を構成している一つ一つの細胞を私達人類とします。

細胞(人類)が一生懸命働いて体全体(地球)のために良いことをしていたら、
健康で、何も感じないですよね。
でも、徐々になんか異変に気づきます。
体調崩しておかしいな、と思って調べてみたら
なんと、細胞(人類)が癌化(驕り高ぶっていたり、地球を汚していた)していました。
しかも結構でっかいようです。
このままだと、ますます癌細胞(驕り・汚染)が増えていき、危険で邪魔なので、
その部分だけ切除(大陸ごと沈没)しましょう、ということになります。

アトランティスの末路と同じにならないように、
今回の文明も、これからどうするべきか
世界レベルで考え直さなくてはいけない時期に入っているようです。

高度な技術を、ポジティブな目的で使えば、
きっと長く繁栄することができるのでしょうね。
人類は、何度繰り返せば、
地球とうまくやっていく方法に気づくんでしょうね。

とてももったいなくて、残念です。
アトランティス沈没の教訓を生かして、今回こそは長く続いて欲しいです。
個人的には、このまま終わってたまるか!という感じです。

そう考えると、今生きている私達は
「人類なんとなくそろそろピンチ?」
というすごい節目に生まれてきたものだなーとしみじみ思います。

日本人の私達が今一番身近でできる
ポジティブなことは、

自分で考え
自分で真実の情報を取ってきて
自分で身を守ることです。

自分だけで行動するのが嫌だったら、
同じ考えの仲間を作って一緒に行動することです。
仲間がいると心強いですからね。
近くにいなければ、ネットという手もあります。
twitter・Facebook・mixiなど便利なコミュニケーションツールも最大限に利用しましょう。
ご参考に、私のブログにある記事「知識」もよければご覧ください。

自分が健康であって、初めて、
自分以外のことが考えられる余裕ができますよね。

そこから、始めてみたらいいかもしれません。


posted by ハルマル at 00:00| 精神世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月20日

地球は箱庭

地球は箱庭。

前回の「宇宙人さん達」を見て、1点、不思議に思いませんでしたか?
宇宙人の皆さんは、「地球の生物にそっくりな顔、体」をしてますよね。

その点については、
なんと、一冊だけではなく、複数の本で同じことが書いてありました。
「地球は色々な星からやってきた寄せ集めの生物が住む星である」
とのことです。

その経緯としては、

一説には、
高度な宇宙人達が
もともと生物の住めない環境だった地球を開拓し、
色々な星から生物を持ってきて、
地球用に遺伝子操作をして住まわせて、

(私達人間は、
もともと地球人とかではなく、
他の星の生物のデザインをモチーフに作られたか、
もしくはそのまま連れてこられた、
ということが考えられます。
そうなると、
宇宙人が私達に似ているんじゃなく、
私達が宇宙人に似ているというわけですw)

そして、宇宙人の方々はそれを常に監視・観察している。

どうしようもなく地球が大ピンチに陥った時だけ、
助ける。

(今回、福島第一原発の上に
複数のUFOが出てきたのは
地球の大ピンチに値する事象なので
沢山のUFOが協力して
一生懸命、放射能を回収していたそうです。
原発でのUFO出現の動画は、
YouTubeなどに上げられています。
興味のある方は見てみてください。

他にも、火山が爆発しそうになったり、
大規模な戦争が起こったりしたとき、
それも地球の大ピンチなのでUFOが来たりするそうです。
過去に何回か、大戦争になるのを
一生懸命、影で防いできたそうです。
頭が下がります。
代わりに謝りたくなりますね。)

でも極力、地球の生物には干渉しない、
という宇宙の規定がある。

・・・とのことです。
本当だとしたら、ものすごい衝撃ですよね。
それを読んだ後、しばらく私は長く呆けてました。

あと、いい人間・悪い人間がいるように、
もちろんいい宇宙人・悪い宇宙人もいるようなので、
それもまた興味深いところです。
いい・悪いは何をもっていい・悪いとするかは、
個人個人の差はありますけどね。

規定に沿って、やってるだけかもしれませんが、
福島第一で放射能回収してくださってる宇宙人の方、
私は心からありがとうと思ってます。
そして、本当に手間のかかる生物ですいません。

地球を汚すのも、
きれいにするのも
私達人間が一番影響力がある生物なので、
宇宙人は毎回ヒヤヒヤしているでしょうね。


posted by ハルマル at 00:00| 精神世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

宇宙人さん達

宇宙人さん達。

先に謝らせてください。

今日も一応夢を見まして
今日は夢日記の記事の予定でした。

内容的に、
ここ最近では一番いい夢を見た印象だけ残っています。

今直面している大問題を簡単に解決できる何かの方法を知った夢で、
「すごい!!これで何とかなるじゃない!!!」
とものすごくうれしくて目が覚めたんですが、
本当に内容だけ抜けてて、
非常にもったいなく残念です。
こういうときに限って、覚えてないとは自分のアホ!!

申し訳ないので、穴埋めに
今日も元気に電波なかんじでw、
宇宙人の話でもしようかと思います。

宇宙人の皆さんは、調べたら
実にさまざまな容姿・能力を持っているようで、
画像検索していたら、
幸福の科学が出している冊子にたどり着きました。
私は信者じゃありませんが、
特に面白い記事がありましたので載せます。

↓この冊子の22・23ページと、28〜30ページが面白いです!
皆さんも時間があれば、何星人寄りか診断してみてくださいね。
http://www.hs-befree.com/download/ebook/yb81/

日本でこういう本が出回っているのは
雑誌ムーと、この幸福の科学の冊子くらいしか
今の所見つけていませんが、
海外ではもうかなり進んでいて、
すでに何千何万それ以上の宇宙人達の生態が判明しているそうです。
早く姿を見たいなあ。
あれですよ、とある本には
60人に1人は以前宇宙人だった人が地球人として生まれているらしいので、
思ったより街中で、すれ違っているということですw
同級生もきっと何人か自覚ない人も含め
数十人単位で出会っているのだろうと思います。

世の中のアニメ・ゲーム・マンガ・特撮もの、
きっとそういうキャラクターデザイナーの人は
自分の「以前見知った記憶」などが「ひらめき」として出ていて
仮面ライダーは「ウンモ星人」、
ウルトラマンは「グレイ」、
ウルトラマンの敵の星人は「各星の星人」、
ゴジラなどの怪獣は「レプタリアン」、
スターウォーズは「金星人の両性類」「木星人」、
猿の惑星は「ケンタウルス座α星人」、
をモチーフにしているのではと思います。

実在してたのか、すごい!と思う反面、
元からあったものを取り入れたのか、
という残念な気持ちが入り混じり
私の心は複雑ですw

とりあえず、少なくとも
地球にいる生物の種類の数だけ、
宇宙人の種類はいるかもしれないなーと
私は推測しています。

あなたはどう思いますか?


posted by ハルマル at 00:00| 精神世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

夢の声「気づくということ」

忘れるな!

大切なのは、たくさん体験をして情報を得ることではない。
体験と情報から「幸せって何だろう?」と考え、
「気づくということ」が重要なのだ。

(今回は、「気づくということ」にポイントを置いて話したいそうです。)

例えば、
人の殺戮が好きで、
人が苦しんで死んでいくのを見るのが
一番の幸せというAという人物がいたとしよう。

Aは何度も転生をしているが、
いまだに人の殺戮が楽しくて仕方が無い。

Aの言い分としては
「何で悪いの?
人が苦しむのを、悲しむのを、不幸を見るのが大好きなんだよ。
皆も戦争ゲームや撃ち殺すゲームが本当は大好きなくせに。」
と、反対する人をあざ笑う。

なぜか?

それは、
「人を殺すこと」を
「悪いこと」だと
「気づかない」からだ。

本人が気がつかない限り、
残念ながら、これからもずっと
Aは殺戮に喜びを感じながら転生を繰り返すのだろう。

もちろん、たとえ地獄のようなところに落ちても
「俺のしたことは、何が悪いの?」
と「気づかない」。

あまりにも残酷・冷酷な人があなたの周りにいたとしたら、
「気づくことができない人」
と認識するとよい。

前にも言ったが、
あなたがそれについて
「離れる」か、
「妥協をする」か、
「その対象とうまくやっていこうと前向きに考えて努力してみる」かは
あなた次第、自由だ。

世の中にAのような、
本当にどうしようもない
「気づくことができない人」がいる、
ということも
頭の片隅に置いておいて欲しい。

------------------
・・・ここで目が覚めました。

悪いことをする人は、それが幸せだと思っているからするんであってというのは知ってました。
ですが、本人が心から気づくのは、かなり時間がかかるという可能性と、
これは、あまり考えたくないのですが
「場合によっては、永遠に気づくことができない可能性がある」ということです。
私はしばらく勝手に落ち込んでました。

Aのタイプがいることは
本当に、どう解決すればいいんだろうと、
悩んでしまいますね。


posted by ハルマル at 00:00| 精神世界 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。